2020年上半期の投資成績のまとめ。ちょっとプラスになったので嬉しい。

半年毎くらいに自分の投資成績をまとめてみました。定期的に見直しと記録をするのは楽しいですね。

2020年上半期では「積立NISA」「iDeCo」「個別株(ネオモバ )」に投資資金を投入しました。

結果としては36万円拠出をして38万円の評価額でプラス4.1%となりました。

プラスです!!うれしい!!!

具体的には以下のようになります。

拠出額評価額損益
積立NISA225,000236,00011,0004.8
iDeCo72,00079,0007,0009.7
ネオモバ69,00066,000-3,000-4.3
合計366,000381,00015,0004.1
2020年上半期の投資成績

個別株が足を引っ張っております。かなしい。

ぼくは2017年くらいか投資をスタートしております。スタートしてからの累計ではプラス1.1%です。

拠出額評価額損益
積立NISA838,000906,00068,0008.1
iDeCo381,000374,000-7,000-1.8
ネオモバ69,00066,000-3,000-4.3
仮想通貨100,00050000-50000-50
合計1,380,0001,396,00016,0001.1
2017年からの投資成績(現在保有しているもの)

プラスになっているのはアメリカ株のおかげ。

もう少し詳しく書いていきましょう。

積立NISAはeMAXIS Slim 先進国株式インデックスと楽天・全米株式インデックス・ファンドになります。

積立NISAは2017年にスタートしました。ひふみプラスでの積立を約2年間行っていましたが手数料を加味した結果インデックスへ切替ました。

現在はeMAXIS Slim 先進国株式インデックスと楽天・全米株式インデックス・ファンドの2本になります。

なにも考えず半分づつ拠出しています。

しっかりとプラスになっているのでうれしいですね。

eMAXIS Slim 先進国株式インデックス | eMAXIS
「eMAXIS Slim 先進国株式インデ&#1248...
楽天・全米株式インデックス・ファンド | 投資信託 | 楽天証券
楽天・バンガード・ファンド(全米&#26666...

イデコについては日本株、新興国株、NYダウの3本立て

イデコは2016年に積立を開始しました。

企業年金がない会社なので23,000円まで拠出ができますが、住宅ローン控除などもあるので控除しきれない分がもったいないのと、60歳までの資金ロックを考慮して現在は12,000円の拠出です。

住宅ローン控除が終了するタイミングで23,000円まで引き上げるかもしれません。

2020年6月末現在では日本株インデックス20%、新興国株20%、NYダウ60%の比率で拠出をしています。

2016年当初はよくわからないまま適当に選んでしまったため(後は除外予定商品のため)2020年に現在の状態にしました。

2020年に高配当株配当金投資をスタートしたけどぼくには銘柄選びの才能がないみたい

毎月一定額を拠出する積立投資はなにも考えなくて良い反面、なれてくると飽きてきます。

なので余剰資金で他の投資も検討して高配当株の配当金投資をスタートさせました。

インデックス投資は投資を終了させるまで最終的な成績がわかりません。今回はプラスでしたが定年を迎えるタイミングで大きな下落があると損をしてしまう可能性もあります。

配当金として一部を得ておくことで少しはリスク分散になると考えました。

配当金は再投資をするので税金面でのもったいなさはありますね。

配当金投資は月1万円をネオモバ で購入するスタイルです。

勝手な未来予想図。年間拠出100万円を4%で複利計算をすると20年後には3000万円になります。

楽天証券HPより

年間100万円(毎月83,000円)を20年間複利運用すると元本2000万円に対して3000万円になります。すごい!!!

ぼくは35歳なので55歳には3000万円の金融資産が出来上がるのはうれしいですね。

あくまで予定ですし投資の世界はなにがあるかわかりません。20年後にメチャクチャ暴落があるかもしれませんし、メチャクチャ出世して投資金額を倍増できるかもしれません。

なんにせよ。未来予想図。

こうなるといいですね!

タイトルとURLをコピーしました