眼鏡市場 の値段は安いと思う。JINSとZoffとの比較してみたレビュー

日用品や生活雑貨

眼鏡市場 でメガネ買ったよ。会社の健康診断で視力検査を行ったところ目が悪くなっていることが発覚しました。今のメガネでも日常生活で困っていることはそんなに無いですけどね。

でも、視力検査で悪い数字が出ると駅の案内板とか見づらくなっているなーとか感じてくるもんです。流されやすい。

それに今年は免許の更新もあるのでこのままでは結局新しいメガネを作らないといけないので、重い腰を上げて新しいメガネを作ることにしました。

ぼくは社会人になって急激に視力が落ちたのでメガネ歴は10年くらいなんです。歴代のメガネはJINSとZoffとメガネスーパーで作ったことがあります。

どれも悪いところはないと思いますがぞれぞれぼくのイメージがあって次は他の会社でメガネを作ってみたいなぁと思っていたので今回は眼鏡市場にすることになりました。

ブロガーの宿命ですね。比較とかレビューとか好きです。

なので今日はそんな眼鏡市場でメガネを買ったので値段とか質感とかJINSとZoffの比較について書いてみたいと思います。

眼鏡市場 は値段は高くないと思う

まず最初にメガネを作るのに大事なポイントはなんでしょうか?人によって嗜好はあるので一概には言えませんがぼくは値段です。

コンタクトはあまり好きじゃないので断然メガネ派なので良いメガネであればいくらお金を出しても構わないとも考えているんですが(ウソ)毎日使用することを考えるとガシガシと行ける方がいいですよね。

ブランド品の高級フレームだとちょっと仕事にも影響出ます。子どもなどを抱っこするときにメガネをバシッとやられても安心できるくらいが良いです。

そんな時に許容範囲と考えられるのは20,000円くらいです。それでも充分高いですけどね。

JINSとZoffと比べるとちょっと高いイメージがある眼鏡市場ですが、実際にメガネの品質を比べればそんなに高くないと思いました。むしろ安いんじゃないか!?って感じです。

ぼくがメガネに求めるもの。必須条件。

メガネを作るにあたっていくつか条件を洗い出してみました。

過去にJINSとZoffとメガネスーパーでメガネを作ったことがありますが、視力が悪いとレンズが分厚くなるんですよね。そうするとメガネも重たくなりますので疲れます。なので薄型レンズは必須です。

あとは軽さですね、最初に作ったメガネはデザインばっかり意識して重かったので後悔してすぐに軽い目眼を作り直した過去があります。

そして値段です。安ければ安いほど嬉しいですが品質やサービスなどもありますので、安さが正義ってわけじゃないです。バランスが大事ですね。

メガネのアフターサービスとかはそこまで大事じゃないと感じでいます。メガネスーパーとかは期間内であれば無料で度数の変更ができましたが使いませんでしたしね。

  • 軽さ。今のメガネが18gなのでそれくらい。
  • 薄型レンズ。厚くても軽ければOK
  • 値段。20000円以内には納めたい。

こんな感じ。

フレームでも違うと思いますが過去のメガネの重さと購入した眼鏡市場の重さ

過去に作ったメガネの重さを計ってみました。

1代目ゾフ 26g
2代目ゾフ 15g
3代目メガネスーパー 20gくらい
4代目JINS 18g
5代目眼鏡市場 16g

3代目のメガネスーパーは踏んで壊してしまったので手元にないので重さ不明ですが、ゾフの15gよりは重くなった記憶があります。

2代目のゾフ15gは軽くて良かったですね。今のJINSも重さには充分満足しています。

今回購入した眼鏡市場は16gなので過去2番目に軽いメガネとなりました!軽い!嬉しい。

zoff

初代Zoffは26gもありました。今つけてみるとフレームも硬くて着け心地もよくないです。時代の進歩ですね。

zoffsmart

ゾフスマートは軽くてイイ感じです。いまでも主力のラインナップになるわけですね。

JINS

これが4代目の初JINSです。軽いと思っていましたが18gありました。これはメガネスーパーのメガネを壊してしまったのでピンチヒッター的に購入しましたが予想よりも長い期間使用しました。

眼鏡市場

これが5代目にあたる眼鏡市場です。FREEFITというモデルらしいです。16gで十分軽いです。

眼鏡市場とJINSとZoff。メガネの値段比較

今使用しているJINSのメガネは8000円くらいでした。安い!!メガネスーパーのメガネを壊してしまったので代役で購入しましたが予想以上に長いこと使いました。軽いフレームを選ぶと一番安いのは選べませんでした。

メガネスーパーは20000円くらいでした。意外と高いんですよね。でもそれに見合うサービスでした。店舗でお茶もくれますw

Zoffも安い価格帯だと5000円からありますがぼくは軽さを求めているのでゾフスマートが必須です。そうすると本体価格9000~1万2000円になります。さらに薄型レンズにするとプラスで5000円が必要です。

対する眼鏡市場は16200円から作ることができます。高いように感じますが薄型レンズも価格に含まれていますしアフターサービスも充実しています。

メガネフレーム+レンズセットで16,200円(税込)からお作りすることができます。
セット価格は16,200円(税込)・19,440円(税込)・25,920円(税込)をご用意しております。

  • JINS:5400円・8640円・12960円(レンズ代金込み)の3プライス制
  • メガネスーパー:フレームによるが安いのであれば10,000円くらいから。ぼくは20,000円くらいだった。
  • Zoff:本体価格9720円~12960円(薄型レンズ代金別5400円)合計15120円から18360円。
  • 眼鏡市場:16200円・19440円・25920円レンズ代金込み)の3プライス制

こうやって比較してみると眼鏡市場も高くないことがわかります。

本日のまとめ

視力がそこまで悪くない人で安くメガネを作成したいのであればJINSとZoffがおすすめになります。5000円からメガネが作成できるのはとてもコスパ高いです。

しかし視力が悪くなってくると薄型レンズが別料金のZoffの魅力は薄れてしまいます。店員さんや検査の質はメガネスーパーや眼鏡市場の方がしっかりしていました。お茶も出ます。視力だけじゃなく乱視や同じ度数でも見え方の違いなんかも細かくチェックして説明してくれました。

JINSとZoffは若くてお洒落な定員さんがいるので素敵に見えますが、実際の検査などの熟練度には差があるように感じました。まぁこればっかりは仕方ないですね。個人差によるものもあったと思います。

今回のメガネは16200円で作成しましたが、フレームにこだわりがなければ店頭セールのフレームも多くありましたのでそれを選べば10000円以下で作成することも可能みたいです。

JINSは薄型レンズ付きでも安いモデルがあるのでとにかく安くメガネを作りたい!って人はおすすめですね。

今回眼鏡市場でメガネを作ったよ。って話でした。

【イケアのテーブルをDIY】木材購入して天板を作成した忘備録。IKEAの机安い。
パソコン用の机が欲しい!!かっこいいパソコンデスクが欲しい!!と妻にお願いしたらプチDIYで作ってくれました。うれしい!! 妻のDIYを横で見ていたのですがおもしろいですね。購入しただけより見た目も良くなるし愛着もわきます。僕はそうい...
タイトルとURLをコピーしました