介護事務の送迎業務について。デイサービスなどで運転業務は必要なの?

介護事務の送迎 男の介護事務

介護事務の送迎 業務はどのくらい割合で行われているんでしょうか。

ぼくの働いている介護施設では専属の運転手がいるのでその人達が基本的には利用者さんの送迎業務を行います。

また利用人数の多いデイサービスや通所リハビリテーションには介護職員も運転業務を行います。なので基本的には介護事務の送迎業務はありません。

しかし、時にはそれでも人が足りない場合というのがあります。そんな時は介護事務の人がヘルプで送迎業務を行うこともあります。

今日はそんな介護事務の送迎業務について書いておきたいと思います。

介護事務の送迎 業務が必要になる時もある

ぼくの働いている介護施設で運転業務が必要になるのは以下の場合があります。

  • 駅と施設のシャトルバス運行
  • デイサービスや通所リハビリテーションの送迎
  • 入所者さんの外来受診の送迎
  • その他(荷物運搬や来客送迎など)

この中でシャトルバスは決まった時間に運行するため毎日専属で1名の人員が必要です。

デイサービスや通所リハビリテーションは午前とお昼と夕方に運行します。その合間を縫って入所者さんの外来受信の送迎を行います。

なので、運転手はそれなりに忙しく過ごしています。

これだけの量を運行しているとどうしてもスポットで運転手が不足することがあるんです。

常に必要なわけではないのでその分の人件費を考えると無駄に待機させておくのはもったいですからね。

またデイサービスや通所リハビリテーションの場合は介護福祉士などの介護職員は女性が多いです。なので子供が熱を出した。などの理由でシフトに穴が空いてしまうこともあります。

そんな時は介護事務の送迎業務が必要になります。

介護業務は絶対に行わない。何かあったときに責任は取れません。

ネットで調べていると無資格のドライバーに車の乗り降りを手伝わせるところもあるみたいです。

これは個人的には行うべきではないと考えています。そしてぼくの働いている介護施設でも同じ考えです。利用者さんに触るのは原則禁止にしています。車椅子を押すくらいは行いますけど…。

ヘルパーも介護福祉士の資格を持っていない事務や運転手が介助をして万が一ケガでもしたら大変ですからね。ドライバーが行うのはドアの開閉や車椅子リフトの昇降くらいです。

ドライバーの中にはヘルパーの資格を持っている人もいるのでそんな人はOKですけどね。

介護車は大きな車体なので運転には注意が必要ですね

送迎に使う車はキャラバンやハイエースなど大きな車両になります。普段からエルグランドなどを運転している人は問題ありませんがぼくみたいに車を持っていない人や、軽自動車を運転している人は注意が必要です。

考えている以上に大きな車体になります。

特に送迎業務では利用者さんの自宅まで行くのでどうしても細かい道を運行する必要があります。そんなとき普段と同じような感覚で曲がったりすると曲がりきれないです。また車体も長いのでバックなどで切り返す時も後ろをぶつけないように確認する必要があります。

軽自動車よりも1メートル以上長いです。

  •  軽自動車  3400mm
  • キャラバン 4690mm

横幅も違うので文字通りひとまわり以上大きいです。ロングボディならもっと長いです。

関連記事:車なしの生活できる?持たない暮らしのメリット5つを書いておく。

ぼくの送迎運転頻度は週2回程度

これは介護施設のデイサービスや通所リハビリテーションの受け入れ人数や業務配分によっても違うので一概には言えませんがぼくの運転業務は週2回程度になっています。これが多いのか少ないのかはわかりません。

1時間程度の送迎業務を週2回(送迎なので4回?)なので時間にすると4時間くらいです。

1週間の労働時間は40時間なので4時間の送迎業務と考えると10%くらいは介護事務ですが送迎をしている計算になります。

そのほかにも多くの仕事を行っている中で運転業務が入ってくると業務配分が難しい時も正直ありますが、デイサービスや通所リハビリテーションは収入の柱でもあるので大事にしないといけません。

10%くらいなら仕方ないですかね。これが30%を超えるようだと業務配分を見直して残業が無いように調整する必要もあります。

介護事務の仕事内容 はこんな感じです。介護施設に転職したよ。
介護事務の仕事内容 について最初はあまり理解していませんでした。でも、転職してそれなりに長い時間働いているので、経験値も増えましたので今では立派に働いています。 介護施設で働く事務員の仕事内容はどんなことをするんだろうなんて最初は考え...

本日のまとめ

介護事務の送迎業務は基本的は無いはずです。しかしどうしてもシフトの関係などで送迎業務のヘルプをするときもあります。

ぼくの場合は全体の10%くらいです。

また利用者さんを触ることはやめたほうが無難です。何かあったときに責任の所在ははっきりとしてあったほうがいいですからね。

タイトルとURLをコピーしました